カレンダー
    10 ◇ 2007/11 ◇ 12

    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

    かすみ

    Author:かすみ
    Pearlサーバーで遊んでいます。いろいろな出来事書いていきます。よかったら足跡を残して下さいね。ちょと更新が滞りがちですが許して下さい。

最近の記事
最近のコメント
来てくれてありがとう!(^^)v

メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

過去ログ
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  ↑Top Page.

あの方が指揮官?!

2007年11月18日[02:01:26]
週末って事なのでちょと遅めの時間帯に入ってみたら、賑わっている時間帯なもので140名程のEの方がワラゲに居ました。
いつもの事ですけど、Chでは戦況報告が慌しく伝わってきます。
Chのログを見ていると、知り合いの方が指揮を取っているではないですか!!いつもソロ活動をしている人なのに指揮を取るなんて想像できなかった人が、境界から丘に向かって進軍するEの指揮を取っていたんです。どういう事ぉ~??

Bが数を集めて攻めて来ている様子がわかったので、私も本隊を追いかけて谷へ出て行きました。一目散に走ってやっと追いついたのがU字での攻防戦終了の直後。
E本隊は、そのまま熊瓦礫までBを追って行ってます。その間に指揮官さんを見つけたのでこっそりとBuffしてあげたら、彼からお礼のTell来たw \(^^♪ なんでわかったの?

熊瓦礫からギガ下に向けて、Bを追って伸びかけていたEに新たなBの増援と激突して激しいの攻防が続きますが、後続からのEも増援もあって三叉でBを押し切り、そのまま尼橋を超えて門手前まで一気に雪崩込んで行きます。でも、そこで指揮官さんが急遽「追撃停止命令と三叉まで下がる指示」を出してE本隊は一旦三叉まで戻る事に…。
どうやら、経験豊富な古参の方から、門前にBが数を揃えて待っているかもしれないと言う助言に従っての事だったらしいけど、三叉に戻って体制を整え直した直後に「Bの大軍が尼橋を渡って来た」との報告を受けてE本隊は三叉で迎え撃つ布陣を取りました。
結局のところは指揮官さんの読みがズバリ的中してE本隊は万端の状態でBとぶつかります。
尼橋を超えさせまいとBの抵抗も強く、尼橋の上で一進一退の大攻防劇です。野戦の連戦で消費が激しかったので、味方を数多く失って数的に不利な雰囲気が少しE本隊の中に出た頃だったと思います。尼橋後方のEが少し引き気味になってきた様子が少しわかりました。
でも、その不安を払拭するようなタイミングで指揮官さんが「総攻撃開始!全員一気に前へ!!」の命令が出たので後方に下がり始めたEも再度気を取り直して前戦に出てくれました。そのお陰で形勢が一気に逆転!そのまま一気に門までBを押し込んでしまいました。(だそうです…)
Eの本隊はその後三叉に戻って解散したそうですが、野戦に続く野戦。その全てで勝って凄い展開。

実は、私は2回目の尼橋の攻防戦で戦死しちゃって、後の事はCHを通してからでしかわかりませんでしたけど、Chで展開を見ながら手に汗握ってました。(^_^;)

何て言ったって、指揮を取っていた人が知り合いだったから「絶対この戦いに勝って欲しい!」って思ってました。でも、参加していた私でも感じるほどBの抵抗が激しくて(数が多かったからだと思う)、いつ負けてもおかしくない展開だったと思うのですが、「一気に行動してサッと引く。そして体制を整えて万端の状態で迎え撃つ」って指揮をやっちゃった彼に感心するのと同時に意外な一面を見てビックリ。
もう、その日は興奮しちゃっていつも以上に夜更しをして長話で過ごしちゃいましたw。戦場で一緒だった人や、彼の話(ちょと反省会)を聞いたりで楽しかったです。

また、次回も手に汗握るような野戦をやってみたいって思いましたよ。
指揮をしていた○○○○○さん。ほんとお疲れ様でした。格好良かったです!

PS。本隊戦では余りに興奮し過ぎてSS一枚も撮って無いんです。って言うか撮るって余裕ありませんでした。m(__)m スミマセン。
スポンサーサイト

Moe コメント:3 トラックバック:0 [Edit]  ↑Top Page.

そっくりさんとご対面

2007年11月13日[22:29:35]
戦場に出ないで王国でマッタリとしている事が多かったりしています。今日も銀行上のテントに座って人間観察中。
ノンビリしていたらお声が掛かったので、雑談しているとあっと言う間に時間が過ぎてしまう今日頃ごろ。
そっくりさん

その日は、そっくりさんにお会いしました。「そっくりさん」って言ってもキャラクターの種族と髪型、色、顔立ちの数通りの組み合わせなんだからリアル世界みたいに在り得ない話では無いですけど、服とかが一緒だとつい親近感が沸いてしまいます。
どっちがどっちの「そっくりさん」って言うものでもありませんけどね。
近くで見ると・・・

知り合いの方の知り合いと言う事なので呼んで来て貰って、お互いにご挨拶してからの記念撮影しちゃいました。
よく見ると、やっぱりよく似ている・・・(笑)
ワラゲでよくお見かけする方ですが、またご一緒させて下さいなぁ。

Moe コメント:3 トラックバック:0 [Edit]  ↑Top Page.

追いかけっこ

2007年11月11日[01:22:48]
今日もワラゲで「一人鬼ごっこ」をやってました。
最近のBの皆様は集まって来られる傾向が高いみたいですので、迎え撃つ側もある程度人数を揃えておかないと・・・って言う事で要所要所で分散したEの方々を集めてから動くって言う雰囲気が出てきているみたいです。
今回は双子の岩でEの皆さんが集まってBを迎える準備をしています。
Eの皆さん、Bを迎え撃つ準備してます。

今日の展開は、追っては追われ、また人数を集めては追ってみると相手側も人数を揃えて追ってきたり…って感じで、行ったり戻ったりの連続。ちょと疲れたので王国に戻ってみたら、またもやお師匠さんにお会いしました。
丁度お互いソロどうしなので・・・って言う事で一緒に行動することに。でもソロ大好き同士だからPT組まないんですよねぇ~。お互いちょとした意地の張り合いって言うか・・・大人気ないなぁ~(笑)
お師匠様登場~!

その後は2人でEとBとの追いかけっこに参加して、倒しつ倒されつつの繰り返しを楽しんで終わりました。

Moe コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  ↑Top Page.

遠くに眺める風景

2007年11月09日[22:35:14]
ちょと前の話です。
MoEの中で見える素敵な風景について雑談してましたら、良い場所があると言う事で連れて行って貰いました。
ちょっと素敵な風景よね?

イプスの風景です。霧の掛かる空の向こうにお城が見える風景。
霧の向こうから威圧感のあるお城を小川に掛かった橋に腰を掛けて見るって何だか素敵な感じです。
遠くを見ながら・・・何想うかなぁ?

夜が明けるて太陽が昇るまでの間しかこの幻想的な風景を眺める事はできないらしいのですけど、リアルで体験できる光景ならばお弁当でも持って行って楽しみたい風景ですね。

Moe コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  ↑Top Page.

懐かしいあの方と・・・

2007年11月04日[01:52:00]
あると事を切欠に懐かしい人と再会する事ができました。
MoEを始めた頃にいろいろと教えてくれた人。
その後の私のプレイスタイルについて影響を及ぼした人。
そして、今の私を見て欲しい人・・・。

MoEを始めて2年近くになった私。これまでいろいろありましたけど、もう逢えないと思ってました。でも・・・再会する事ができて嬉しい。
随分遅めの時間帯にワラゲにInしたら、その人がいました。
もう、引退しちゃったのかな?って思ってましたけど、時間が合わなかっただけだったらしいです。私ってだいたい午前までで終わってましたので・・・。
お久しぶりです!!

初めお見掛けした時は人違いかも??って思ってましたけど、勇気を出して声を掛けたら覚えてくれてました。
Preの地下墓地でお会いして、ヒーラーとしての役目の大切さや立ち位置とかタイミング、そして援護の方法とか・・・。その人が私に語ってくれたアドバイスが私の今の元になっているって言っても言い過ぎじゃないって思う人。
いつかは、この人を支えるプレイをしたい!って思ってスキル上げを頑張ったのですけど、いつの間にか彼は私の前から居なくなってました。
最近いろいろあった中で凹んでいた時もありましたけど、そんな時にその人との再会があって、とても嬉しかったです。
人の繋がりってどこかで引き寄せられる時ってあるんですね!

Moe コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  ↑Top Page.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。